歴代のFF人気キャラクターを簡単な操作で豪快な戦闘アクションを可能にした爽快感があるゲームです。

番外編:ディシディアファイナルファンタジー

FFディシディアのキービジュアル

FFは1~15のナンバリング作品が人気ですが、FF20周年を記念して2008年にPSP版が発売し、2015年にアーケード版とPS4版が登場したディシディアファイナルファンタジーが人気を集めていることをご存じですか?
FFを遊んだことがない人でも楽しめるバトル(格闘)ゲームですが、歴代のFF人気キャラクターが全員集合することで往年のFFファンから高い人気を集めています。

 

 

ディシディアファイナルファンタジーの概要

クラウドと戦うティナ

ディシディアファイナルファンタジーとは、初代(FF1)から最新作のFF15まで各シリーズの主人公、ボスが共演するゲームで、基本的に3対3のバトルを行うアクション格闘ゲームです。
2008年にPSP版がリリースされ、その後は2015年にアーケード版とPS4版が登場しました。

 

開発はキングダムハーツと同じチームが担当していて、PSP版はもともと世代の異なるFFキャラクターが1対1で戦う格闘ゲームでした。
プレイヤー同士の戦いのほか、PS4版では歴代ナンバリング作品の世界でストーリーを進めていくことも可能です。

 

アクションRPGと対戦アクションゲームを足したイメージで開発され、広大なフィールドを各プレイヤーが走り回って攻撃や防御を行うゲーム内容。簡単な操作で豪快な戦闘アクションを可能にした爽快感を持っています。
ちなみに、各キャラクターにはレベルがあり、対戦を繰り返すごとにどんどん強くなっていきますが、オンライン対戦等で優位性を制限するために、一定の水準でレベルとパロメーターが頭打ちするシステムです。

 

必殺技として召喚獣を使った攻撃をすることもできますが、最大6名のプレイヤーが同時に戦うゲーム性から、攻撃技のカスタマイズが制限されて1回のバトルのやり応えを確保しています。

 

 

キャラクターは4タイプに分類

ディシディアファイナルファンタジーでは、キャラクターの特性を以下の4タイプに分類されています。

 

HEAVY
ダッシュ開始時の硬直が長く、ブレイブ攻撃は短~中距離向けのハイリスクハイリターンな技が中心

 

SPEED
ダッシュ移動速度が速く空中で2回ジャンプ可能な近距離専門の瞬発型

 

SHOOT
ダッシュ開始時の硬直が短くてジャンプ距離が高い。距離を取って中・長距離の技が中心のジワジワ相手のHPを削るタイプ

 

UNIQUE
ダッシュ等は平均的で独自の成長要素を持ったキャラが多い

 

 

 

FFディシディアの最強キャラクラウド

ちなみに1番人気かつ最強キャラと称されているのはHEAVYタイプのクラウド(FF7)です。キャラクターによってステータスの優越が分かれてくるので、有利にゲームを進めようとする場合は、好きなキャラではなく強いキャラを選ぶ必要があります。
使うキャラには偏りが出やすいですが、歴代のキャラやボスを相手にバトルする臨場感がFFファンの心をがっちり掴んでいます。

 

 

ディシディアファイナルファンタジーの楽しみ方

まずはストーリーなどを1人プレイで進めてキャラを育てながらプレイヤーの腕を磨いていきます。
PS4版のゲームは随時アップデートされているのでやり込み要素が高く、粛々とゲームを進める方法もありますが、ある程度自信がついたらアーケードやオンライン対戦で他のプレイヤーと対戦できるのがディシディアファイナルファンタジーの魅力です。
マルチ対戦要素があるため、大人数でのオンライン対戦と相性が良いゲームです。運や対戦キャラとの相性の要素があり、猛者が集まるネット対戦でも連敗の続くことが少ないことからレベルや年代を問わず幅広いファンを獲得しています。